プロミス、レイク、アコム…似たようなこの3社、どんな違いがある?

プロミスにレイクにアコム…いずれも大手のカードローンですよね。どれもほとんどの人が聞いたことのある、知らない人のいないカードローンだと思いますが、選ぶときにはどれを選んだらいいのか悩みます。プロミス、レイク、アコム、似たようなこの3社、どういった違いがあるのでしょうか。

まずはプロミスですが、金利は4.50%〜17.80%、融資限度額500万円で即日融資可能なカードローンです。大手の消費者金融の中では最高金利が若干低めの設定であり、さらに30日間無利息サービスという特別なサービスのあるカードローンになっています。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座なら、24時間最短10秒で振込キャッシング可能な瞬フリというサービスも魅力的です。

次にアコムですが、こちらも大手消費者金融であり金利は4.70%〜18.0%、融資限度額500万円で即日融資可能なカードローンです。こちらも消費者金融の中では最低金利が4%台と低いほうでしたが、最近プロミスの最低金利が6.3%から4.5%に下がったことで金利面ではプロミスに若干ながら差を付けられてしまっています。こちらは楽天銀行に口座があれば、24時間最短1分で振り込み完了というサービスがあります。

そして、最後にレイクですが、レイクは以前はプロミス・アコムと並ぶ消費者金融の一つでしたが、現在では新生銀行のカードローン事業の一つとなっています。そのため、消費者金融っぽいですが銀行カードローンなので他の2社のように総量規制の影響を受けることなく利用することができます。金利は銀行カードローンにしては高い4.50%〜18.0%で融資限度額500万円です。プロミス同様、無利息期間があり、5万円まで180日間無利息か、または30日間無利息かのどちらかを選択することができます。